広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ

  • トップページ
  • サイトマップ
  • アクセスマップ

ご相談予約はこちら

  • HOME
  • 石田雄二の7つの強み

税理士 石田雄二の7つの強み

会社設立専門の税理士「起業家コーチ」である石田雄二の7つの強みをお伝えいたします。


イシダユウジ(ノーマル 補正後 アップ).jpg












>>税理士 石田雄二のご紹介

>>税理士の仕事に対するスタンスについて

 
 

1)サラリーマン、役員、経営者という全ての役職を自らが経験している

裕福な中小企業の経営者家庭に生まれ、従業員数1万名を超える大企業のサラリーマンとして社会人生活をスタート。
その後、実家で中小企業の財務担当役員として、様々な経験を経る。自身も全くの0から、税理士を個人事業で開業

 

2)大企業から中小企業までの経営ステージを体験

大⇒中⇒小と、すべての経営ステージを自身の体でもって実体験することができた。


3)中小企業の資金繰りと経営コンサルティングを経験

実家の企業は、三井物産、新日本製鉄系列として、昭和の時代に一世を風靡した中小企業であり、最盛期には従業員数も120名を数えた
労働組合まで存在していた。
私個人も、同社役員時代に財務を担当しており、経常利益が1億円ある時の資金繰りがどの程度余裕があるものか、経常利益が4000万円程度に下がると、どの程度資金繰りがタイトになるか等、身をもって体験していることが今の仕事に活きている
(この経験のある税理士は、ほとんどいない)
※この時代に、タナベ経営とコンサル契約を締結。
経営改善の手法、特に経営会議を中心に社内の空気を大きく変えた実績を持つ。

 

4)創業80年の企業の倒産を経験

創業80年続いた実家の家業も、最終的には経営破たん
同族会社特有の問題点も多々あり、私個人は悩みに悩んだ末、最終的に会社を出て、税理士として0から生きる道を決意!
その数年後、従兄弟が社長時代に会社は自己破産。
その時の経験が自身の原点かも?
中小企業の盛衰を本当にかなり深いレベルで知っているので、中小企業経営の素晴らしさをもっと伝えたい気持ちもあるし、絶対にやってはいけない中小企業の経営手法、経営者の心のあり方など、中小企業経営に対して自身も思うところは多い。

 

5)自分自身の経営体験をもとにした経営者への共感

常日頃、様々な経営ステージにある経営者と接する毎日だが、自分から見ると、そのすべての人の置かれている立場やお悩み、リスクなどが実によくわかっている気がする

 

6)自分自身の独立経験から、会社設立の苦労を知ることができた

税理士を全くの0から開業するも、お坊ちゃま育ちの自分が「業」として成り立たせるのは、人並み以上の苦労を要したと認識している
その時の経験から、サラリーマンが初めて事業を立ち上げる時の苦労や難易度が如何ほどのものか、よくわかる気がする。
僅かな金額だったが、初めてのお客様とご縁をいただいた時のシーンは、一生忘れないことだろう


 

7)大企業でのサラリーマン経験から「組織」を知ることができた

大企業でのサラリーマン経験も、欠くことのできない自分のキャリアだったと認識している。
完成された組織だからできる各種社内統制や慣行を若い時分に知ることができたことはプラスだった。
また、高い能力を持ったものだけが集まる組織の戦略と、明らかにそうではない中小企業組織のそれとの違いなど、言葉では言い表せない多くの学びがある

以上の7つの経験から、会社設立と経営に強い税理士としてお客様の力になれると確信しています。
これから事業を起こしていこうとお考えの皆様は、ぜひ一度ご相談ください。


ご相談・お問い合わせはこちら

無料相談実施中 メールでのお問い合わせはこちらから

事務所紹介 ●税理士紹介 ●スタッフ紹介 ●お客様の声 ●アクセスマップ

税理士石田雄二の7つの強み ●仕事に対するスタンス ●顧問契約サービス