広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ

  • トップページ
  • サイトマップ
  • アクセスマップ

ご相談予約はこちら

  • HOME
  • 税理士紹介

税理士紹介

ここでは、広島 会社設立・決算サポートセンターを運営する石田雄二税理士事務所代表税理士 石田 雄二のご紹介をさせていただきます。


石田雄二プロフィール


イシダユウジ(ノーマル 補正後 アップ).jpg                                                                                                                                             









 
生年月日  昭和40年6月生まれ
出身地  広島県広島市
人生哲学   「人生にハピネスを! ビジネスにサクセスを!」
経営理念   「会計事務所は最も身近な経営スクール!」
人生のバイブル書  ナポレオンヒル著  「思考は現実化する」
所有資格  税理士、上級ファイナンシャルプランナー(CFP)、行政書士、
宅地建物取引主任者、小型船舶一級操縦士
講演  税理士予備校講師他、大手証券会社、ハウスメーカー主催セミナー等、講演歴多数
マスコミ  経済レポート、広島経済レポートなど
著書  「図解 会社設立 儲かる会社のはじめ方」 あさ出版
cover.jpg

>>税理士 石田雄二の7つの強み

>>税理士の仕事に対するスタンスについて

>>これから起業をお考えの方へ

経歴

昭和40年  広島市生まれ
昭和59年  広島城北高校卒業
昭和59年  中央大学商学部経営学科入学
昭和63年  中央大学商学部経営学科卒業
昭和63年  ㈱竹中工務店 入社
平成 4年  石田工業㈱ 入社
平成 4年  税理士試験 合格
平成 7年  石田工業㈱を退職後、南区東荒神町にて、石田雄二税理士事務所 開業
平成15年  業務拡大につき、事務所移転(南区的場町)
平成19年  有限責任事業組合広島ワンストップを設立
         地域の中小企業に向けて、ワンストップサービスを展開
平成23年  広島の起業家に向けて、「広島 会社設立・決算サポートセンター」を創設
         会社設立専門の税理士として、創業経営者に向け更なるサービスを拡充
平成25年  経済産業省、起業支援プロジェクト「ドリームゲート」アドバイザー就任
平成25年  広島県 創業サポーターに就任


プライベート

趣味はヨット。正しくは、海でぼーっとしているのが一番好き。
(高校時代に部活で始め、大学時代はウインドサーフィンの学連に所属)
昔から、勉強しているか、海に行っているかどちらかというタイプ。

ゴルフも若い頃はしていたが、毎回のプレーがスコアとしてはっきり出ることがストレスとなり、以後、ゴルフはやらないことにしている(一応、ベストスコアは88)。でも、またお爺さんになったらやりたい!

その他にも、料理、茶道、映画・クラシック鑑賞、バー巡り、一人旅等、多趣味だと思います。お酒は、
麻生元総理のように、ホテルバーで飲むのが好き!! 無類のハワイ好き!!!


所属

中国税理士会 所属
広島県行政書士会 所属
日本FP協会 所属
広島商工会議所 所属
広島青年会議所 特別会員
中央大学白門星友会 所属





マネジメントゲームの認定インストラクターとして、経営計数教育に力を入れています!

 

40年間で80万人が受講している研修

マネジメントゲームMG(MG研修)は、40年前にソニーが開発した経営者育成研修です。
現在までに大手企業を中心に4,000社、80万人が受講しており、海外にも展開されています。米国、韓国には早くから進出し、最近では中国や東南アジアでも注目されてきています。
( ※ソニーが開発したマネジメントゲームMGの著作権をはじめとする一切の知的財産権はマネジメント・カレッジ株式会社が保有します。)

1976年、当時まだベンチャー企業だったソニーが、エンジニアにマネジメントのノウハウを短期間で、面白く体得させるためにはどうすればいいか?を考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

元々ソニーの社内用の研修でしたが、非常に高い評価を受けて、社外に提供するようになりました。

現在では、ソフトバンクの孫正義氏を初め、著名な経営者や上場直後の若手IT社長などがMG研修を受講し、その体験談をブログなどにアップしています。特に孫氏は熱烈なMG研修の愛好者として知られています。自身でも100期以上を受講し、かつソフトバンクの幹部層全員に(Yahoo!経営層なども含む)毎年のように受講させています。

リピーターが多い研修として知られています。

IMG_7431

 

体験学習で、自ら気づく

マネジメントゲームMG研修の一番大きな特徴は、「ゲームを通じた」「経営体験」ができることです。
モノポリーのようなボードを使ったゲームをすることで、実際の経営を体験し、擬似的に様々な企業経営経験を積めます。
「体験」することで、「自ら気づく」こと、そして「課題を認識する」ことができます。

とあるアンケートでは「今一番求められている人材は起業経験者」というものがあります。十分理解できます。
一方で、その起業経験者はおそらくは「会社を倒産・精算」したことがある人間だと言い換えられます(成功して企業売却をしたという方もいらっしゃると思いますが、統計上はごく少数だと思われます)。

MG研修は、そんな倒産という人生のリスクを負うこと無く「起業経験」を積むことができます。

IMG_7412

 

経営者でも、新卒でも、学生でも!最後には決算書が「書ける」

それゆえ、どんな立場の人でも、その人なりに経営感覚に「気づく」ことができます。
経営者であれば、日々の意思決定に活かすことが可能ですし、中間管理職であれば自分の組織へブレークダウンして、
様々な数値に落とし込みマネジメントに活かすことができます。

さらに言えば、社会人としての経験がない新入社員や学生であっても、自らの体験から気づきを得ることはできます。
実際に、多くの企業が新入社員研修の一環として(あの有名な(株)武蔵野さんなども)、マネジメントゲームMG研修を取り入れています。自らの経験値やスキルが上がると、体験から気づけることは、どんどん変わっていきます。

ゆえに孫正義氏も言うように、このMG研修は「1回受講して全て学べる」という類の研修ではなく、
10回、20回、100回と何度も繰り返し受講しながら、どんどん学べることが増える研修
です。
実際、大企業の中にはマネジメントゲームMG研修を毎年実施されているところも多いです

参加後、どんな方でも最後には「決算書が書ける」ようになります。「読めるではなく書ける」です。期待してください。

P1030005


ご相談・お問い合わせはこちら

無料相談実施中 メールでのお問い合わせはこちらから

事務所紹介 ●税理士紹介 ●スタッフ紹介 ●お客様の声 ●アクセスマップ

税理士石田雄二の7つの強み ●仕事に対するスタンス ●顧問契約サービス